PROFILE

・名前:荻堂 盛貴(オギドウ モリタカ)

・ニックネーム :オギペニー

・生年月日:1976年 11月2日

・スケート歴:21年

・出身地:沖縄県石川市

・スタンス:レギュラー


素晴らしいスケートボードの世界へようこそ! まずは、簡単に自己紹介です。 私自身、スケートボードに出会ったのは15才の夏で2012年現在で36才スケート歴21年。 AJSAのコンテストにて全国のアマチュア選手のTOP 10入りを果たし2002年AJSA公認プロの資格を取得。プロ歴は11年。 23才の頃からスクールを定期的に行い、現在では元気フィールド仙台 スケートボード教室等の人気スクールをプロデュースしてインストラクター歴は14年になります。 メジャーではなかったスケートボードに対し、その時期から本格的にスクールに取り組んで来たのは全国的に見ても数少なかったと自負しております。 そして、スクールをしながら常に思っていた事。 『教えてくれる環境があり早くスケートが上達していたらどんなに楽しかったか!辞めずに続けられるスケーターがどれだけ居て今どんなに違っていたか!』 こうして生まれた思念が形となり出来た、この荻堂式のスケートボード スクール。そこで当スクールは”楽しく”を前提に個々に合ったペースでスケートボードを学んで頂きます。 まず、楽しくなくてはスケートボードをする意味がありません。 楽しれば、身体が動かすのが嫌いな人でも絶対に好きになれます。 普通の一般で言うスポーツに比べ、スケートボードはファッション性や遊び、アート等の少し変わった特徴のカルチャーを持っていて、乗るだけでも爽快感、見た目の格好良さで優越感が得られ、練習するにしても、ただ辛く厳しいだけのスポーツとは異なった新感覚スポーツです。 これが、俗に言う”エクストリーム スポーツ”と言います!!楽しく上達するには出きる限り目標を小さく置き、段階を踏んで恐怖心を無くし、ある程度のレベルまで達する事です。これにより怪我をする可能性もかなり減ります。 ある程度のレベルまで行く事で楽しさが恐怖を越えます。 恐怖を越えると自分に自信が付き表情も明るく、表現も豊かになれます。最高の気分です。 楽しみながら学べるので、今まで習い事が続かなかった子もスケートボードなら嘘の様に続けられます。  そして、スケートボードを通して、技術の向上は勿論、仲間の大切さ、ルールやマナーの向上、忍耐力、精神力の強化、人生を最高に生きて行く上で必要となる沢山の事を学べるスクールとなっております。 プロを目指す選手は勿論の事、プロを目指さなくてもプロの心構えを知りこれを繰り返す事で最良の人格作りが出来ます。 人生で成功する為に必要なプロセスが自然に身に付きます。 スクールを続けて行く内にスケートボードの楽しさや奥深さ、格好良さに魅了されスケートボードの事が本当に好きになり真剣に上手くなりたいと思えば自分から進んで行動するようになります。 本当に好きな事を見つける(目標)=それが大きな力を生む(行動)となって魅力ある人間へと成長します。(自立) 実際に今までスクールを通して内向的なお子様が社交的になって行く様を沢山見て来ました。 全てはこの板一枚から始まる物語!!本当に好きな事を見つけて、それを通して人生で必要な事を沢山学ぶ!!! これが荻堂式スケートボードです!!


BIOGRAPHY

プレミアムスケートボードでのライダーとしての様々なプロ活動(デモ、スクール、撮影etc)を行う。

AJSA(全日本スケートボード協会)コンテストのジャッジを務める。

東北スケートボード愛好会(TSDA)会長として、イベントや公共のパー ク設立の為の行政への働きかけ、署名等を行い、高円宮皇太子妃殿下が仙台の施設を訪問した際、スケートパーク開設までの経緯のご説明を差し上げる。

スケートファン拡大の為のイベントやスクールを行う。

元気フィールド仙台のスケートボード教室の監修、プロデュース。インストラクターを務める。

AIR JAM 2012 in東北 にてスケートボードデモンストレーションを行う。

2008年6月新田東総合運動場に愛好会8年越しの願いが叶い、仙台初となる公共のスケートボードパークが完成。建設の当初から、設計、完成までを携わる。

2009年5月に自身初となる、プロシグネーチャーデッキがスポンサーのPREMIUM SKATEBOARDSからリリース。

2014年4月に2ndモデル、プロシグネーチャーデッキがスポンサーのPREMIUM SKATEBOARDSからリリース。


SKATEboarding3月号 (2014.03)

スケートボード最速上達プログラム

CONTENTS.1

今年リリースを控える4つのプロダクションがおくるショートムービー

MAKER’S PERSPECTIVE SITAMATI FILM / NP WORKS /NSK /EXPRESSIONOUTFITTERS

CONTENTS.2

フィルムボット アリゾナツアー

“FILMBOT” TERIYAKI BOYZ IN AZ Kota Ikeda / Issey Yumiba / Keyaki Ike / Derek Fukuhara / Trevor Mcclung / Daniel Espinoza

CONTENTS.3

震災後3年の東北のシーンを探る

THE NARROW ROAD TO THE DEEP NORTH

特別付録 SPECIAL DVD

and more…


DISCOGRAPHY


2017.10 PREMIUM SKATEBOARDSより、第四弾 荻堂盛貴シグネーチャーモデル 4th Model ”KARASU” 発売!!


2015.09 PREMIUM SKATEBOARDSより、第三弾 荻堂盛貴シグネーチャーモデル 3rd Model ”MO_SNAKE” 発売!! サイズは、7.5、7.875、8.0、8.5、MINI 7.0、MINI 7.25の選べる6サイズ。 全国のPREMIUM SKATEBOARDS取り扱いスケートショップにて好評発売中

GRIND PENCIL PREMIUM PROMODEL

スケーターペインター壁画絵師職人。

スケートボードのトリック「GRIND」と鉛筆を削る「GRIND」から”GRIND PENCIL”名義で多岐に渡り活躍するアーティスト。

70’S~90’Sのエッセンスを取り込み、ハートフルな作品を世に落とす。カウンターカルチャーを擁する業界で個展や数々のイベントに参加する一方で、駅の高架から券売機、シャッターやスケートランプなど対価となりうる作品以外にも活動の幅は広い。

Premiumライダーとの親交も深い事から今作を手掛けるにあたり、才能と裏打ちされたスキルにあわせ実績を積んだ彼の手にかかれば、わずかな時間で描き終えた事はGUのみが知る。最も思いを込める作品はMOモデルらしい。

GRIND PENCIL:http://www.grindpencil.com


2014.04.11 PREMIUM SKATEBOARDSより、第二弾 荻堂盛貴シグネーチャーモデル 2nd Model ”Skull Tribal” 発売!! サイズは、Kid’s7.5、7.625、7.75、8.0、8.25の選べる5サイズ。 全国のPREMIUM SKATEBOARDS取り扱いスケートショップにて好評発売中→在庫限りとなります。


2009年 PREMIUM SKATEBOARDSより、第一弾 荻堂盛貴シグネーチャーモデル 1st Model ”PIRATES” 発売!! サイズは、[black]7.5、7.625 [purple]7.5、7.625 [black-mini]7.15の選べる5サイズ。 全国のPREMIUM SKATEBOARDS取り扱いスケートショップにて好評発売中→完売いたしました、ありがとうございました!

東北を拠点に活動するプロスケーター荻堂盛貴の初となるシグネーチャーモデル。仙台という都会と自然が融合する環境で育ち、スケートのリアルな部分に惚れ込んだ。プロとしてスケートボードがメジャーになる事を願いつつ、アンダーグラウンドにある”リアル”は絶対忘れてはいけないと心に誓う!

モデル名『PIRATS』MORITAKA OGIDO

そして、苦節17年。愛するスケートボードを通じて得た心”不可能な事はない”を海賊旗として掲げ、リアルを貫く仙台の絵描き”SADAM”氏に魂を吹き込んでもらい完成した。この、不可能をものともしないデッキでスケートボードを死ぬまでしてもらいたい。

SADAM:http://www.sdm-r-arm.com


AJSA Result

・2000年 AJSA第5戦最上川スワンパークin酒田 アマストリート  三位

・第一回東北サーキット戦 総合 三位

・東北サーキット第一戦in仙台  五位

・東北サーキット第二戦in福島  一位

・東北サーキット第三戦in酒田  六位

・2001年 AJSA第3戦桜ヶ池公園in富山 アマストリート 二位

・第二回東北サーキット戦 総合 二位

・東北サーキット第一戦in福島  三位

・東北サーキット第二戦in酒田  二位

・東北サーキット第三戦in盛岡 三位

・AJSA公認プロ権利獲得

・2002年~現在 AJSA(一般社団法人 日本スケートボード協会)公認プロとして活動