第1章 総則
第1条(名称)
RAD LAND
第2条(所在地)
宮城県仙台市宮城野区東仙台1丁目20-18
第3条(代表者)
荻堂盛貴
第4条(目的)
スケートボードを教授することを目的とするスケートボードスクールであり青少年育成、社会的マナー、ルールの向上。
会員相互の親睦、及び心身の健康維持と増進を図ります。

第2章 受講者
第5条(受講者資格)
OGIDO STYLE SKATE BOARD SCOOL(以下「当スクール」という)が当スクール受講者として適当であるとみ認めた方
注)
1.暴力団関係者及び当スクールに相応しくないと判断される行為、行動、身体になんらかの障害のある方は入会をお断りする場合が御座います。
2.受講後においても上記事実が判明、発生した場合は、直ちに除名もしくは解約することが出来る。
第6条(受講者手続き)
当スクール規約を了承した上、所定の様式に住所、氏名等を定められた事項を記載した受講届に入学金を添えて提出し、その承認を得て受講者となるものとする。
第7条(受講者証)
1)受講者に対してはクラス毎に受講者証を発行する。
2)受講者証は記名式とする。
3)受講者証は本人のみが使用し、他に貸与及び譲渡してはならない。
第8条(諸規則の尊守)
受講者は当スクール規約及び諸規則を厳守しなければならない。
第9条(資格喪失)
1)退学 2)除名 3)解約 4)死亡
第10条(退学)
受講者の意思による退学希望
第11条(除名)
当スクールは受講者に次の各項のいずれかに該当する行為があった場合、受講者資格を除名することが出来る。
1)当スクールの名誉、品位を著しく傷つけ、また他の受講者に迷惑となる行為があった場合
2)当スクール規約及び諸規則に違反する行為があった場合
3)故意に当スクール利用施設の音響、及び設備等を破損した場合
4)レッスン料、その他の諸納入を怠り、当スクールより督促を受けても尚、所定の期日までに納入されない場合
第12条(安全管理規則)
スクール参加に当たり、主催者及びインストラクターの指示に従い安全に留意して行動する。万が一スクール参加者が危険行為を行い、事故・怪我その他安全管理上危険とインストラクターが判断した場合、スクールを中止・参加者の退場を行う権限があるものとし、それによって生じた損害は当該参加者の負担とし、主催者及び他の参加者、会場提供者はその責を負わない。また、インストラクターの指示に従わず参加者本人及び第三者への怪我・障害・死亡が発生した場合、これらの責任を自己の負担とする。
第13条(責任事項)
1)当スクールは受講者が当スクール内で生じた人的・物的事故ならびに盗難においては一切その責任を負わないものとする。
2)当スクールでは貴重品は預からず、受講者各自の責任において管理することを基本とする
3)受講者が当スクール施設の利用中、重大な自己責任に帰すべき事由により当スクールまたは第三者に損害を与えた場合、その受講者が責任を負うものとする

第3章 入学金、受講料
第14条(入学金)
1)入学金を納入し入学手続きを完了した場合、審査終了後、永久受講者資格が得られるものとする。注)第9条を除く
2)一旦納入された入学金は、理由の如何を問わずこれを返還しないものとする。
注)第12条を除く
第15条(受講料)
1)受講料は当スクールの所定の方法で月謝制、イベント終了後の後払い制とする。
2)一度支払った受講料に関しては、スクール未参加であってもキャンセル料として返還を求めない。(但し、やむを得ない事情が発生した場合、主催者と協議の上決定する事とする。※ 天候の不順でトレーニングが延期・中止になった場合を除く。本条におけるやむを得ない事情とは、自然災害、交通障害、天災・人災、戦争・紛争、局地的な混乱、開催場所の都合・事故・閉鎖。何れかの病気・怪我・死亡、その他を示す。)
第16条(変更)
当スクールは運営、管理、その他の事情により入学金、受講料、月謝、諸費用等を変更することが出きる。

第4章 附則
第17条(変更事項の届出)
受講者は住所、連絡先等、入会記載事項に変更があった場合、速やかに届けなければならない。
第18条(守秘義務誓約)
1)スクール参加者は、受講内容及び他の参加者の安全確保のため守秘義務を負うものとし、スクール内容に関する事項及び知り得た技術や情報を、期間に問わず生涯に渡り主催者の許可なく発表、公開、漏洩しないものとする。
2)スクールに関する撮影権及び著作権、編集権・Webアップロード等の権利は主催者に帰属するものとし、参加者がこれらの事項を実施する場合、事前に主催者と協議の上で実施する事とする。(但し、主催者から依頼を受けた者が撮影を行う場合はその限りではない。)なお、無断で上記事項を実施した場合、主催者は当該者に対し文章等の消除を申し入れる権利、警告及び制裁金の請求を行使する権利を有するものとする。
3)主催者は、スクール参加者の個人情報について細心の注意を払い、連絡及び書類の送付以外の目的で使用しない。例外として、次回開催の案内及びイベントの連絡に使用する場合がある事を了承する。
第19条(スクール参加者の賠償責任)
1)スクール参加者の故意・過失によって、主催者及び他の参加者・第三者・会場提供者に損害を負わせた場合、その責は当該参加者が負うものとする。万が一、スクール中に参加者の過失によりスクールの中止及び開催不可能な事態に陥った場合、主催者は当該参加者に対してスクールにかかる一切の費用及び事態収拾にかかる交通費、訴訟費用・弁護士料・その他の費用を請求出来る。また、「第18条 守秘義務誓約」における著作権及び肖像権等の違反が発覚した場合、上記費用の他に 金五拾萬円 也を請求出来る権利を有する。上記金額の根拠としては、スクール開催にかかる費用及び参加者への返金、関係者等への見舞金等を基に算出した金額となる。但し、上記金額の請求においては電子メール及び電話・口頭による協議、内容証明郵便による警告を経るものとする。主催者と参加者に訴訟が発生した場合、最寄りの地方裁判所を管轄とする。
第20条(改正)
当スクールが必要と認めた場合、スクール規約を改正または別に定めることが出来る。その効力は全ての受講者に適用されるものとする。
※注意事項
1)当スクール内における商行為、宗教、政治的な活動等はお断りいたします。
2)当スクール内においてビデオ、録音、写真撮影等を行う場合、予め許可を受けることとします。
3)当スクール内でレッスンのさまたげになるような練習、他の受講者のレッスン中後追い練習等は禁止します
4)当スクール外での事故、怪我、についても一切責任を負えません。
5)当スクール内においての事故、怪我、についても一切責任を負えません。
6) 東日本大震災のような大きな地震、津波、竜巻、台風等々の自然現象も予想されます。その際は出きる限り避難経路の確保、避難所への誘導等は致しますが万が一の事も予想されます。その場合、いかなる場合も当スクールでは賠償責任や返金等の保証は致しかねますのでご了承下さい。 ※震災等の緊急を要する場合で連絡の取れなくなった場合におきましては、比較的情報の発信し易い、荻堂盛貴のTwitter → https://twitter.com/ogipenny3/ にて安否の確認等を行います。
第21条(個人情報保護方針)
荻堂式スケートボードスクール(以下、「当スクール」といいます)は、受講者様に良いサービスを受けていただけるよう日々努力を重ねています。「受講者様の個人情報」につきましても適切に保護し管理することが非常に重要であると考えています。そのために当スクールでは、以下の個人情報保護方針を定め確実な履行に努めます。
(1)個人情報の収集について
個人情報を収集する場合、当スクールがご提供するサービスにかかわる範囲で行います。その他の目的に個人情報を利用する場合、利用目的をあらかじめお知らせし、ご了解を得た上で実施します。ウェブサイトで個人情報を必要とする場合個人情報の収集について当スクールがお客様のも同様にいたします。
(2)個人情報の利用及び提供について
当スクールは、受講者様の個人情報の利用につきましては以下の場合を除き、本来の利用目的の範囲を超えて使用いたしません。
・受講者様の了解を得た場合
・個人を識別あるいは特定できない状態に加工 して利用する場合
・法令等により提供を要求された場合 当社は、法令の定める場合等を除き、受講者様の許可なく、その情報を第3者に提供いたしません。
(3)個人情報の適正管理について
当スクールは、 受講者様の個人情報について、正確かつ最新の状態に保ち、受講者様の個人情報 の漏えい、紛失、破壊、改ざん又はお客様の個人情報への不正なアクセスを防止することに努めます。
(4)個人情報の確認・修正等について
当スクールは、 受講者様の個人情報について、受講者様が開示を求められた場合には、遅滞なく内容を確認し、当社の指針に従って対応いたします 。また、内容が事実でない等の理由で訂正を求められた場合、調査し適切に対応いたします。
(5)問い合わせの窓口
当スクールの個人情報保護方針に関してのご質問や、受講者様の個人情報のお問い合わせは、荻堂式スケートボードスクールHP「お問い合わせ」にて対応いたします。
(6)法令の遵守と個人情報保護の仕組みの改善
当スクールは、個人情報の保護に関する日本の法令、その他の規範を遵守するとともに、運用管理の見直しを適宜行ない、個人情報保護の仕組みの継続的な改善を図ります。

2014年1月1日
個人情報保護管理責任者
荻堂式スケートボードスクール
LADLAND 代表 荻堂盛貴