BLOGブログ

お知らせ

スケートボードスクールの詳細について スクール初心者の方へ

スケートボードを始めるにあたり、一番ネックになるのが知識不足による怪我。その次に、どんなスポーツや勉強でも、絶対に上達する為に必要な根本となる基礎力です。

ここがしっかりしてるかどうかで、せっかく始めたスケートボードが早く上達するか否かに大きく関わってきます。

荻堂式スケートボードスクールではスケートボードを始めた初心者が、まず何が必要で何をするべきかをゼロから教えていきます。

そして、始めは楽しく。(エンジョイクラス)本気で上手くなりたい!コンテストにも出たい!プロになりたい!などの目標を持つようになったら、楽しい中にも厳しい練習も積む(ハイスタンダードクラスorエキスパートクラス)に移行していきます。

そして、そんなスクールに入るにあたり、最低限必要なスクールの決まりごとがあります。リニューアル前と変更点が多々あり、既存のスクール生へ向けてZOOMでの説明会を行いました。その内容とQ&Aをまとめておきますので、入会前に御一読下さい。

目次

1、クラス分けについて

・なぜ、以前と違う完全なクラス分けをするか??
※以前は少しでも多くの人にスケートボードを知ってもらう為に、目的が違くても同じクラスで個人個人で見ていましたが、人数の増加や効率良く、同じ目的を持った者同士で、目的にあったしっかりとしたレッスンが受けられるように、分けることにしました。
※これにより、各クラスの定員枠を増やす事が出来ます。
※大まかにはエンジョイ、ハイスタンダード、ハイスタンダード&エキスパート(混合クラス)、エキスパートの4クラスになります。

時間、人数、何曜、何時から?クラス分けの例

月曜日(定員5名)※室内パーク
16:30〜17:40 (エンジョイA,B)
17:50〜19:00 (エンジョイB,C)
19:10〜20:20 (ハイスタンダードorエキスパート混合クラス)


木曜日(定員5名)※屋外パーク
16:30〜17:40 (エンジョイA,B,C)
17:50〜19:00 (ハイスタンダード)
19:10〜20:20 (ハイスタンダードorエキスパートor混合クラス)
 

土曜日 (定員6名) ※室内パーク
11:15〜 12:30 (エンジョイA,B)
12:45〜14:00 (エンジョイA,B,C)
14:15〜15:30 (エンジョイB,C)
16:00〜17:15 (ハイスタンダード)
17:30〜18:45 (ハイスタンダードorエキスパート混合クラス)
19:00〜20:15 (ハイスタンダードorエキスパート混合クラス)


日曜日(定員5名)※屋外パーク
16:30〜17:40 (エンジョイA,B)
17:50〜19:00 (エンジョイA,B,C)
19:10〜20:20 (エンジョイB,C)

※エンジョイクラスのA,B,Cはおおよそのレベルの目安になっております。
A=体験レッスンの方、初心者の方。
B=初心者のトリックは出来ないが滑る事が出来る方。
C=初級、中級者でトリックなどに取り組んでいる方。
(各自時間の都合もあると思われますので、この限りではありませんのでご相談下さい。)

※コンテスト対策などで屋外パークが室内パークになる事がありますので下記のスケジュールからご確認お願い致します。

※上記日程は荻堂式スケートボードスクールHPの『ご予約・お問い合わせはこちら』をクリック。ご予約の方は『こちら』をクリックでクラスとスケジュールの確認が出来ます。

◾️エンジョイクラスについて

※以前の荻堂式(老若男女一緒に無理なく楽しんでスケートボードを上達させる)とほぼ一緒です。
※エンジョイクラス用のスキルアップファイルでD,C,B,A,S,SSクラスの階級分けあり。
(現在作成中)
※誰でも受講出来る、基本的な知識と最低限の基本を学びながら上手い下手関係なく”継続して楽しむ事”を目的としたレッスンをします。
※その人のやりたい!を優先してポイント的に教えていきます。
※エンジョイクラスの時間帯のみの受講となります。
※親御さんが15分前から入りビデオタイムあり。

◾️ハイスタンダードクラスについて

※コンテストに出場、上位入賞を目指す方のコースとなります。
※新しくパワーアップしたスキルアップファイルに沿って行います。(現在作成中)
※ハイスタンダード用のスキルアップファイルでD,C,B,A,S,SSクラスの階級分けあり。(現在作成中)
※スキルアップだけではなく、メンタルトレーニングや簡単なパーソナルトレーニングもレッスン内で取り入れています。
※選考基準はHPにはAクラス以上の方と書いてありますが、あくまでも目安となりますのでD,C,B(スクールで決めた階級)クラスの方でも入る事は可能です。
※週2回以上もあくまでも目安となりますので、ご相談ください。
※プロライダーによる特別レッスンあり。
※コンテストがある時に、特別レッスンなども行います。
※他店のレッスンも受けたいという方はエンジョイコースをオススメ致します。
(なぜ他店のレッスンを受けてはダメなのか? スケートボードの根本的な考え方、教え方、練習方法は人それぞれ違います。
自分は30年スケートボードをしてきて教えてる歴も世界で数えても上の方だと自負しております。しかしスクール生からすれば、他のスクールと同じ先生という立場ですので、その同じ先生から違う事を言われれば混乱しますし、それが本当にスクール生の為になるかどうか?を考えていただくと、ダメではないですが、その人の先を考えた時に、自分の経験からするとあまり良くない結果になっています。性格的なものも含めて楽しい、自由度が高い方を選択するのであればエンジョイクラス、荻堂式の基礎をしっかり身につけ実力を上げて上を目指すハイスタンダードクラス、そこを踏まえてのコース選択をお願い致します。)

◾️エキスパートクラスについて

※ハイスタンダードクラスの上のクラスでコンテストの上位入賞はもちろんプロや世界を目指す方のコースとなります。
※スクールからの条件クリアと審査により選抜でこのクラスに入る事が可能になります。
(条件:1、公式なコンテストでの好成績 2、人格や人柄、普段の行いなどの人間性 3、スクールとの信頼関係)
※新しくパワーアップしたスキルアップファイルに沿ってメンタルトレーニングや簡単なパーソナルトレーニングも行う予定です。(現在作成中)
※エキスパート用のスキルアップファイルでS,SSクラスの階級分けあり。(現在作成中)
※HPにはSSクラス以上の方と書いてありますが、あくまでも目安となりますのでA,Sクラスの方でも入る事もあります。
※プロライダーによる特別レッスンあり。
※コンテストがある時は、特別レッスン、オンラインアドバイスも行います。(LINE,SNS)
※メディア取材、イベント派遣なども優先的にお声がけ致します。

※※※ 以上どのクラス希望かを初めてのご予約時に決めてお知らせ下さい。※※※
※※※初心者でスクール初めての方は基本エンジョイクラスからの受講となります※※※

2、金額について

2、金額について
2000円から3000円になった理由は?
※パークが中と外で大きくなった為。
※設備を強化していく為。
※※クラス分けをした事で、クラス毎のカリキュラムを目的に合わせて細かく作り直し中身を濃くした為。
※時間を少し長くした為。
※そもそもが安かった為。 例:関東での相場は90分定員5名で5000円〜6000円
(安くしていた理由は少しでも多く人口を増やす為、場所が狭かった。まずは体感してもらいたかった。などの理由でした。)

3、チケットについて

1回3000円の10枚綴り、3万円です。
なんの為に回数券制度になるか?
※スクールでの予約の際の優先順位をわかりやすく出来る。
(4、予約方法についてをご参照ください。)
※購入方法はレッスンの前後や合間に荻堂までお声がけください。

4、予約方法について

次月の予約は基本予約日を2つ設定し、優先順位の高い順に予約を入れられます。
優先順位①20日の21:00から予約開始。 ※エキスパート>ハイスタンダードチケット払い
優先順位②25日の21:00から予約開始。 ※ハイスタンダード現金>エンジョイチケット>エンジョイ現金
(予約日に各クラスの全員が申込みされた場合は次のような優先順位で予約を受け付け致します。→  優先順位が高い>優先順位が低い
 エンジョイクラスの人数が多い場合、チケット購入の方が優先的に予約されます。
日にちがまたぎ24時間過ぎた場合は先着順とさせて頂きます。
例:20日21:00〜予約開始 上記 >優先順位適用 21日21:00以降は先着順に予約していきます )

※通常レッスンご予約の方は(・受講者名・希望日・希望時間)を『ご予約、お問い合わせはこちら』からのメールか、荻堂式スケートボードスクールインスタアカウントメッセージにてご連絡頂くか、お急ぎでない方は直接レッスン後などにお知らせ下さい。
(電話の場合、出れない可能性があり予約が前後してしまう可能性がありますので極力他の方法にてお願い致します。)

※初めての方や体験レッスンご予約の際は、下記リンク”レッスンスケジュール表”をご確認頂き、(・受講者名・年齢・クラス・スケートボード歴・スケートボードの有無・プロテクターの有無・希望日時)を『ご予約、お問い合わせはこちら』のメールに明記し、ご予約の旨をメッセージ頂くか、荻堂式スケートボードスクールインスタアカウントへのメッセージか、直接電話にてお問い合わせ下さい。(TEL:080-3322-7826)お願い致します。


※大変お手数お掛けしますが、現時点では予約、受付、レッスン、お問合せなど、全て個人でやっていますので、ご理解ご協力を宜しくお願い致します。
※改善点が出て来た場合は随時改善更新していきます。

5、お支払い方法について

※予約を確定した後、次のレッスン日の受付時に直接、その幾度、現金かチケットにてお支払いをお願い致します。
※まとめてのお支払いは受け付けておりませんのでご了承下さいますようお願い致します。

6、キャンセルについて

レッスンの3日前より、参加者都合によるキャンセルはキャンセル料1000円が発生致しますので、しっかりとご予定を確認の上ご予約お願い致します。
例:3月15日予約の参加者の場合 3月12日の0:00を過ぎるとキャンセル料がかかります。
※キャンセル料のお支払いは次回スクール受講時にお願い致します。
※参加者の予約後の時間の変更などでのキャンセル料は発生致しません。
※レッスン中の怪我、自然災害での途中終了、参加者の意思による途中退場などによるキャンセルに関しまして、如何なる理由においても返金は出来ませんので御了承下さい。

7、親御様の見学禁止について

※基本的に初心者レッスンとエンジョイクラスレッスンの合わせて3回のみ見学可能とします。(最初から最後まで)
エンジョイクラスのみ(最後の15分から見学OK!!ビデオタイムを行います。)
ハイスタンダードクラスとエキスパートクラスの方で当スクールを信用して来て頂ける方は、レッスン時以外の送り迎えのタイミングのみパークへお入り下さい。スクールはお店の方から場所を借りている身となりますので、駐車場の兼ね合いも考え、出来る限りお店に負担をかけない心掛けをして頂き、必要最低限でお願い致します。
(ハイスタンダードとエキスパートの見学を禁止する理由として、今まで、見学ありとなしを両方してきてわかった事があります。親御さんが居れば、親御さんからみているいつものお子様です。
しかし、親御様が居なければ、その子供は1人の人間として考え行動します。スクール側でも預かる以上、甘えは許しません。第3者の言葉や教えはその子供にとって親御様の教えとは別なプラスαの学びとして成長します。そして良い意味で甘えも出来ませんので、スクールでは出来る限りスケートボードの向上にも繋がる自立心を養う為にも親御様の見学は禁止させて頂く方針とさせて頂きます。ご理解頂ける方は宜しくお願い致します。それでも見学希望の方はエンジョイクラスの希望でお願い致します。)
※普段見学出来ない分、定期的に発表会やコンテストなどを開催する予定でいますので、その時にお子様の成長を御覧になって頂くとより新鮮に成長を実感出来ますので、見学は我慢して普段の練習も見守る程度でご協力頂ければと思います。
(やる気がない場合などは自分の方にご相談ください。)

8、その他 Q & A

Q, バスで行く場合などの待合室となる場所は確保できますか?

A, 特別待合室はありませんが、パークの内で待機していただけます。


Q, オンラインレッスンは出来ませんか?

A, ハイスタンダードクラスとエキスパートクラスは状況に応じてする予定です。


Q, スクールの細かい課題、スクール内容を透明化してスクール以外の時の練習意識を持たせる方法はないか?

A, スキルアップの方で出来ないか検討してみます。


Q, ビデオタイムのような時間は作っていただけませんか?

A, エンジョイクラスのみ、終了15分前から作ります。


Q, スクールに取り組んでいる様子を動画で撮っていただけませんか?

A, スクールの合間合間にストーリーかLIVEで出来るか検討してみます。


Q, スクール前後のちょっとした隙間時間に滑れる事を出来るように細かい時間滑走券などは作ってもらえませんか?

A, お店の方と相談しておりますが現段階では難しそうです。


Q, ハイスタンダードクラス週2回の条件に合わせられない場合、エンジョイクラスの選択のみなのでしょうか?

A, クラスの参加条件は、あくまでも目安となっておりますので、週1回でも、クラスがA以上でなくても、目的がコンテストで参加者にやる気が見受けられればハイスタンダードクラスに入る事も可能です。
例えば、親御さんがそうさせたくても、生徒のやる気などが見えない、本心が違う時はお断りさせていただく事もあります。
事情も各家庭それぞれあると思いますので、その事情によってスクールの方で臨機応変に決めていきたいと思いますので、個別でご相談下さい。
改善点などが見つかった場合などは随時改善し報告していきます。

Q, エンジョイクラスの中でのスクールの仕分け・指導の内容は違ってきますか?

A, エンジョイクラスは今までやってきた荻堂式のレッスン内容と殆ど一緒の形式ですので一緒になります。
エンジョイクラスの中でもスキルアップファイルのD,C,B,A,S,SSはありますので、そのレベルによって教える内容は変わります。


Q, ハイスタンダードに通う子と、エンジョイに通う子の指導内容が違ってくるのか?
ハイスタンダードクラスとエンジョイクラスの混合スクールになるかと思うのですが、指導内容に違いがあるのでしょうか?

A, ハイスタンダードとエキスパートは一緒になる事はありますが、エンジョイと他のクラスが一緒になる事はありません。
エンジョイ と ハイスタンダード&エキスパートは違う指導内容となりますのでご理解お願い致します。
わかりやすくサッカーで例えますと、エンジョイ(スポーツ少年団)ハイスタンダード(クラブチーム)エキスパート(クラブチームからの選抜チーム)という形です。


Q, ハイスタンダードで頑張っていても様々な事情により一時的にでも週1回になった場合エンジョイクラスになってしまいますか?

A, あくまでもクラス分けは目的によって分けていて、各家庭で時期により様々な事情を抱える事もあると思いますので、一時的な事情で条件通りに出来ないからといってエンジョイクラスにするという事はありません。
例えばエンジョイクラスになっていただく事があるとすれば、コンテストに興味がなくなってしまった。本人のやる気、意欲がなくなってしまった。荻堂式でのスクール方針と合わない。 などの理由なら、話し合いの場を設け、クラス変更や退会などをお伝えさせて頂く事もあります。そういった場合、お互いの時間を無駄にしない為にもハッキリと決める事が大事だと思います。


Q, 料金を安くして頂く事は出来ませんか?

A, 受講する側の立場からすれば少しでも安ければ嬉しいし良心的だと思いますが、
経営上の問題やこれから先のスクールの未来を考えた上で決めた料金となりますので、
申し訳有りませんが安くはしない方向で考えています。

安くする事=価値が下がる

スクールの価値を下げる行為をする事で、スクールに対してメリットはなく、周りや子供達の価値観も変わってくると思います。
それと、将来的にもスクールを大きくし、子供達が大人になってスケートボードで生計を立てたいと思った時の雇用場所になったり、その環境を整える事も当スクールの使命と考えて動いていますので、どうかご理解いただけると助かります。

それでも安いと、思ってもらえるスクールにするように努力していきますので応援宜しくお願い致します。

当スクールでは、スケートボードのスキルを教えることと同じくらい大事にして教えていることが、人間性を磨くことと考えています。
どんなにスケートボードが上手くなっても人間性が良くなければ、先に何にもならないのをたくさん見てきました。
逆に、スケートボードが上手くなくても人間性が向上した事でスケートボードを辞めたとしても、良い人間として世の中で立派に生きている生徒もいます。


Q, ストリートスケートは危ないと思うんですが、やって良いものですか?

A, 当スクールではストリートスケートボードは小学生のうちは推奨は致しませんので、自己責任の範囲内で周りの迷惑に絶対にならない様にお楽しみください。
外で遊び滑る事は、スケートボードの本質であり歴史であり、避けて通ればスケートボードの一番の醍醐味である”楽しさ”が半分以下になってしまう事と、ルールのある場所では絶対に出来ない経験が出来ます。
他人に迷惑の掛かる場所。やってはいけない場所。自己責任でやれる範囲を学ぶ事も凄く大事だと思います。
当スクールでは、一定のレベル以上になりストリートの必要性が感じられるタイミングでストリートスケーティングも体験させていく事もあります。
勿論、一般的に考えて危険でモラルやマナー違反になる様な場所ではやりません。
何故、ストリートスケートボードが必要かというと、先述の通りスケートボードのルーツ、歴史であり、ルールの中だけで出来ない経験、出来ない事を出来ないと諦めず工夫してやる精神を養います。当たり前ですが、パークと違ってスケートボード用にできておらず、その場所、その材質、その地形に合わせて滑る、高等技術が必要となり、パークで出来る事が全く出来ない苦い経験を何度もさせられ、レベルアップにも繋がります。こればかりは、やらないとわからない事だと思いますが、情報量、刺激が多く感情の起伏もたくさん経験出来て成長にとても効果的です。
難しく、厳しい環境に適応出来るスケーターに成長出来ます。
一般常識的には理解されなくて当然ですが、スケーターにとってはこれが常識となります。

それと、本気でプロや世界を目指すといった場合、パークスタイルやバーチカルのみのプロを目指す場合は全く必要としませんが、現状ストリートでプロを目指す場合、ストリートスケーティングでのビデオパートやCMなどのストリートで滑るお仕事があります。
コンテストだけでプロを目指すのも一つの手ですが、世界のTOP10に入らないと一生食べて行くのは難しいと思うことと、世界的に見ても前例がありません。そして、その世界のTOP10は全ての人がストリートスケートをしていて、ビデオパートをたくさん残しているという現状になります。
世界のTOPだけではなく日本のTOPプロも全員と言っても過言ではありません。
時代の流れにより、ストリートスケートボードをしなくてもプロとして生活出来る基盤が出来るようになるのであればしなくても構いません。
時代の流れを読みつつ変化に合わせて自分達も進化していく所存でございますので、ご理解ご協力お願い致します。

ストリートの映像を見ていて、住民の怒りを買い、警備員を煽り、心苦しい映像も多々ありますが、もちろんそうならない場所と方法でストリートを楽しみ上達する方法を当スクールでは課外授業を交えながら教えてきます。

まとめ

スケートボードの歴史は浅く、2020年オリンピック正式種目となったものの、日本ではまだ認知されていないのが現状です。スケートボードスクールも自分が始めた頃は、ほぼ皆無で自分自身がスケートボードをしてきて絶対に必要だと感じたところから生まれました。
レッスンの質も始めた当初から考えると、初心者から上級者まで、くまなくサポート出来る程に進化、成長しています。
しかし、それでもまだまだ発展途上の為、受講生や保護者様にはご不憫な思いや至らない事もあると思います。
それでも、スケートボードと当スクールは信じて付いて来て下さる皆様と共に歩み、進化、発展し続けていきますので何卒、荻堂式スケートボードスクールを宜しくお願い致します。
                  
                   荻堂式スケートボードスクール代表   荻堂 盛貴